筑前琵琶 嘉の会 ―よしのかい―

 

 

 このたび、嶺青流筑前琵琶保存会会主・青山旭子師の承認を得て、嶺青流筑前琵琶保存会 師範 尾方蝶嘉主宰「筑前琵琶 嘉の会」(よしのかい)を立ち上げる運びとなりました。

 

 会の名前は、蝶嘉の雅号の一字を取りました。

 

 この「嘉」の文字には、めでたい・よい・楽しむ・喜ぶ・・・という意味があります。

また、字の成り立ちは、「嘉」を上と下に分けると上が楽器を表し、下の加は農具のスキを表しており「にぎやかに楽器をかき鳴らしスキをお祓いして清める豊作のための農耕儀礼・・・神様に捧げる音」という、何とも豊かな意味があるそうです。

 

「嘉」の文字のとおり、めでたく・朗らかに人々が心楽しく集う琵琶の輪が広がり、人とのつながりのなかで育まれる奥行ある文化・交流の中から、何か良いものを伝えてゆける会となってゆくよう、願いを込めました。

 

 名前がついた小さな小さな一歩ですが、皆々様におかれましては、今後とも一層のご指導ご鞭撻をよろしくお願い申し上げます

                            

 

 

                            2018(平成30年)年4月1日 

 

筑前琵琶 嘉の会 主宰 尾 方 蝶 嘉