《尾方蝶嘉 作詞・作曲の作品》

 

  

  -作詞・作曲-

 

「蜘蛛の糸」(2009年作)

   ・・・芥川龍之介の「蜘蛛の糸」を基に創作。極楽と地獄の様子、お釈迦さまの視点、そしてカンダタを通して見る人間の性分が琵琶でどう表現できるか?普遍的なテーマをはらみ、演奏していて私自身もとても面白い作品です。

 

「雪女」

   ・・・小泉八雲の「雪女」を基に創作。雪に閉ざされ凍り付く空間・・・夢か幻か、そこに現れたのは白い衣の美しい女。あとは皆さんご存知の展開。

    恐ろしさと切なさと、語りと琵琶の音でむかしむかしの物語の世界をお楽しみください。

 

「修禅寺物語より - 夜叉の面」

   ・・・岡本綺堂原作「修禅寺物語」を基創作。主人公の面打ち師、夜叉王(やしゃおう)と鬼の別称「夜叉」を掛けています。鎌倉幕府の3代将軍源頼家 の運命を写し取るかの如く、夜叉王の打つ頼家の面には死相が浮かぶ。時の権力者の面に凶相が浮かぶのは自らの技の技の拙さか、と、夜叉王は懊悩しますが、やがて頼家を襲う過酷な出来事に、その面に現れた凶相の意味をすべて理解し・・・。芸術の追求のために我が娘の死をも吸収しようとする夜叉王。ドラマ仕立ての作品です。どっしりとお聞きください

 

「ふくおか四季ごよみ」

   ・・・福岡の祭りや風物を織り込んで創作した作品。制作当時お弟子さんだった女の子のために、かわいらしく作りました。

   福岡の風を感じるやさしい琵琶曲です。

 

「黒塚(安達ケ原)」

  ・・・お能・歌舞伎・文楽でも上演される作品を琵琶曲にしました。「昔を今になさばや都の春の糸桜、色も盛りに咲く頃よ」安達ケ原に住む老婆は旅の僧、裕慶に一夜の宿を提供します。その侘び家で老婆が糸を繰りながら歌う歌は、かつての自分を思い、今の境遇を嘆く。裕慶はそんな老婆を仏心をもって諫めます。薪を取りに出かけた老婆が「決して覗くな」と言い残した部屋を見てしまった裕慶一行。怒り狂った老婆は本性をあらわし・・・!

  人形浄瑠璃「筑前艶恋座」でも上演した作品。

 

「入道死去」(2014創作同年初演)

  ・・・平家物語「入道死去」を基にした作品。「祇園精舎の鐘の音は諸行無常と鳴り響き、沙羅双樹の花の色に盛者必衰を見る如く」。。。この世にならぶ者のない権勢と栄華を誇った平家の命運も、その棟梁たる平清盛の死を境に凋落の一途をたどります。そんな清盛の臨終間際の場面、彼がなおも残したものとは何だったのか。琵琶曲でこの場面をクローズアップしている作品はこれまでになく、面白い作品です。

 

「敦盛最最期の段」

 ・・・平成23年の九州大学HME×福岡市南区役所主催の公演「創作人形浄瑠璃艶競里恋唄」の舞台で、一般の方に琵琶語りをしていただけるよう、「群唱」とでも言うのでしょうか?創作した作品。平家物語の平敦盛が熊谷次郎直実に打たれる場面を哀切込めて作り上げていきました。半年間、毎週金曜日の夜に九州大学に集まり皆さんを指導させていただき、本番の晴れ舞台は参加された皆様の成果に涙ぐみました。これだけで終わるのはもったいない。いつかの機会にまた再演してみたい曲です。

 

「額田王~相聞の歌」(2015年創作同年初演)

 ・・・万葉集のなかから、額田王と大海皇子の相聞(恋のやり取り)の歌を題材に旋律を主にして作った9分ほどの小作品。ありがたいことに、この曲を気に入ってくださる方、多いです。甘い切なさを持った曲。万葉の時代に思いを馳せ、美しく、おおらかでたおやかな空気を織り込めたらと、創作しました。今も昔も人が人を想う心は変わりなく。

 

「仙厓義梵」(2016年創作、2017年初演)

・・・(公財)福岡市文化芸術振興財団(FFAC)・福岡市主催の舞台芸術作品「筑前琵琶演奏会~きゃふんとべべん仙厓和尚と音あそび~」のために創作した曲。「知らない博多」をキーワードに、筑前琵琶とともに博多の歴史の堀り起こしができれば、と、博多の日本最初の禅寺「聖福寺」の住職をつとめた江戸時代後期の高僧「仙厓さん」を題材にしました。仙厓さんはユーモアな禅画や逸話で知られる人ですが、その前半生から焦点をあて、仙厓さんが伝えたかったことは何か考えつつ、創作しました。「今に伝えん、生きる喜び」この言葉に行きついたとき、自分が琵琶であらわしていきたいことも明確になりました。

  

「北大路魯山人展に寄せて~久遠の花~」(2017年初演)

 

   …大分県立美術館(OPAM)にて開催された、京都の何必館(かひつかん)コレクションの精髄を展示した同展覧会の関連企画・ロビーコンサート時に披露。北大路魯山人の生い立ちに関するエピソードから着想を得て作曲した約6分のインスツルメンツ。

 

「羅生門」(2017初演)

 

 

 

作曲・編曲-

 

 「石堂丸」

 「小督局」

 「小督(2017)」/作詞:柳弥生

 「巴淵」/作詞:柳弥生

 「駒王丸」/作詞:柳弥生 

 「雪中都落」/作詞:柳弥生

 「花に舞う」

 「子どものための枕草子」

 「かさじぞう」/作詞:柳弥生

 「知盛と義経(2015)」

 「三石の戦い~国行雛次郎と来宮傳衛門~(2016)」

 「仙厓さんと音あそび(2016)」

 「北大路魯山人展に寄せて~久遠の花~(2017)」 ※大分県立美術館企画展のコンサート演奏曲として制作

ほか

 

 

 

ー音源提供協力ー

 

「DARK IN THE WATER」feat.尾方蝶嘉/作曲・ボーカル:DEAD BITES (2017)

・・・「耳なし芳一」の現代ロック版。山口県下関市にて開催「ノセキフェス」出演の東京を中心としたミュージシャングループへの音源提供。

 

 

 

 

 ≪人形浄瑠璃作品≫

 

 

 「艶競里恋唄(琵琶パート)」

 「伊達娘恋緋鹿子」

 「曾根崎心中~道行(2015)」

 

 

 《海外共同創作作品》

 

「LINKAGE」(2017年)インドネシアを代表するダンサームギヨノカシド氏のコンテンポラリーダンス作品について、タイ、インドネシアの伝統楽器とともに音楽・詠唱を担当。「つながり」という作品名そのまま。国と国、人と人、時間と空間をつなぐ作品。

※本作品が、観客の投票にて選ばれる観客賞を受賞。

 

 

≪その他演奏曲

 

  

~平家物語より~

 

「祇園精舎」

「那須与一」

「若き敦盛」

「敦盛最期の段(複数人による語り分け曲)」

「壇ノ浦」

「新平家物語」

「知盛と義経」

 

~その他演奏履歴~

 

「衣川」

「石の枕」

「筬の音(夕鶴)」

「風林火山」

「関ヶ原」

「巌流島の決闘」

「耳なし芳一」

「戦艦大和」

「赤垣源蔵」

「石堂丸」

「博多米一丸」

「純情無法松」ほか。